トヨタヴィッツの売れ行きが好調なワケとは?

トヨタヴィッツの売れ行きが好調なワケとは?

2014年にマイナーチェンジをしたトヨタヴィッツはコンパクトカー市場の中でも非常に売れ行きのよい車種として知られています。

 

従来型のヴィッツも人気が高く、トヨタのコンパクトカーとして幅広い世代に支持されてきましたがさらにマイナーチェンジした新型ヴィッツは魅力が増えて、売れ行きは好調をたどっています。ここではトヨタヴィッツの売れ行きについて考えてみましょう。

 

なぜトヨタヴィッツは売れ行きが好調なの?

 

トヨタヴィッツは新型に生まれ変わり売れ行きが好調です。その理由が力の入ったマイナーチェンジを実施したからなのです。

 

1.0、1.3、1.5リットルのすべてのエンジンに対して燃費が改善されており、特に主力になる1.3リットルのエンジン設計は大幅に見直されました。

 

トヨタヴィッツは1リットルあたり25qの低燃費を達成しています。

 

この値は依然の燃費と比較すると115%の上昇。

 

また2WDモデル以外もベーシックタイプのFタイプ、上級タイプのUタイプでも25qの燃費を誇っているのです。新エンジンにはアイドリングストップ機能もついており、ムダな燃費を消費しません。

 

質感にこだわった高級感のある内装デザインでトヨタヴィッツの売れ行きは上昇

 

トヨタヴィッツはマイナーチェンジをして内装デザインも大きく変更しています。

 

質感は以前に比べると非常に高くなり、見栄えがよくなったのは一目瞭然です。

 

内装は非常に魅力的、足元の空間が十分にとられているので、コンパクトカーながら大人4人が乗車しても窮屈さを感じることはありません。

 

またフロントシートの座り心地は非常によく、座面のボリュームをアップ。

 

肩回りのサポート力を高めることで運転による体の疲れを軽減しています。またシート座面の柔軟性も高いです。

 

オプションも充実しているトヨタヴィッツ

 

トヨタヴィッツはオプション機能も充実しています。買い物アシストシートは女性に人気のオプションの1つ。

 

助手席座面の全側部分から垂直にボードを持ち上げると座面の上に置いた荷物が床に落ちにくくすることができるので買い物をたくさんしてしまった時でもこの買い物アシストシートがあれば安心です。

 

走行安定性に優れた新型ヴィッツ

 

トヨタヴィッツの売れ行きが好調な理由にはさらにワケがありました。

 

トヨタヴィッツはボディの補強を行うことで走行安定性が増しました。

 

全高が1500mmなので元々走行性に優れているのですが、補強をしたことでさらに操作がしやすくなり正確性がアップしています。