車査定 営業マンの営業トーク

車査定 営業マンの営業トーク

車査定を依頼しようと思っている方は、営業マンの営業トークについて知っておきましょう。

 

当然ながら営業マンはできるだけ安く車を売って欲しいと考えています。
そのため、車に関する知識を学んでから査定に出さないと営業マンの営業トークに惑わされてしまう可能性が高いのです。

 

中には自分が売る車の正しい情報を知らなかったために相場よりも大幅に安く買い取られてしまったというケースもあります。

 

営業マンにだまされないために

 

車について詳しい営業マンから「この車の買取相場は本当は50万円なんですが…うちなら55万円で買い取ります」と言われてしまうと、そのお店で売れば5万円得をするような気がしますよね。

 

ですが、これは営業マンの営業トークです。
もしかしたら相場は80万円かもしれません。
つまり、25万円損をしてしまうということですよね。

 

営業マンの中には、かなり演技派の方もいます。
例えば、上司に対してかなり強い口調で「もっと高値で買い取ってあげて欲しい」と交渉する方もいるのです。
お客さんからすれば自分のために一生懸命頑張ってくれているように感じてしまいますが、あらかじめ上司と2人でそういった演技をする作戦を立てるケースもあります。

1社のみで決めない

 

重要なのはたくさんの業者を比較することです。

そうすれば本当の相場を知ることができます。

 

自分の車の正しい価値を知っておけば「うちなら55万円で…」と言われても「相場はもっと高いですよね?」と交渉することができるでしょう。

 

相場を知るためにはたくさんの業者に査定をしてもらうと良いですね。
それから、インターネット上でもある程度は相場を知ることができます。

 

ただ、車の値段というのは時期や走行距離によっても大きく変わってくるものです。
丁寧に乗っていた方ならば高値で買い取ってもらうことも期待できますが、古い車や状態の悪い車だと査定額が低くなってしまうことも考えられます。

 

そういった場合でもたくさんの業者を比較して一番高く買い取ってくれるところに売りましょう。
営業マンの営業トークにだまされないためにも車に詳しい方を連れて交渉に行くのもおすすめです。

 

良い車を売りに出すとしてもその車のアピールポイントが正確に伝えられないと買い取り価格が下がってしまいます。
実際に、その車の魅力を全く伝えることができずに安く買い取られてしまったというケースもあるので、自分の車についてインターネットなどで調べてから査定に出すのも有効です。