車の下取りと買取の違いとは?

車の下取りと買取の違いとは?

車を売るとき、下取りをするか買取をするかで悩む人も多いでしょう。

 

しかし下取りと買取の意味をイマイチ理解していないという人が意外と多いんですよね。

 

今回は車を売る方法の下取りと買取の2つの違いについて説明していきましょう。

 

車の下取りってなに?

 

車を売ると、新しい車を購入する人も多いでしょう。

 

車を買い替える際には、新しく車を購入するディーラーに現在の愛車を売って、新しく購入する車の代金の一部に充てることを下取りと言っています。

 

下取りは多くの人が利用する方法であり、ディーラーで新車購入する時に一緒に手続きができるので非常に便利がよく、最もポピュラーな方法です。

 

下取りの価格に関しては各ディーラーが用意している下取り基本価格をベースとして、愛車のキズなどをチェックして、減額して下取り価格を決定していきます。

 

車の買取ってなに?

 

車の買取は下取りと違いディーラーに売るのではなく、中古車買取専門店に愛車を持っていき、売って現金を得る方法です。

 

新しい車に買い替えるのであれば、買取で得たお金を次の車の購入資金にすることもできますよ。

 

10年前であれば、古い車は下取りに出すという考え方が一般的でしたが、最近では中古車買取専門店の数も増えており、買取専門店に買取してもらうケースも非常に多くなっていますよ。

 

買取価格は、中古車買取店のオークション相場に基づいており、オプションや装備なども評価対象に加わります。

 

買取のメリットとして考えられるのが、やはり価格面でしょう。買取してもらう場合、買取価格もアップするケースが多く、買取専門店は買取った車を現金化する流れが確立されていますよ。

 

車の下取りと買取どちらがお得なの?

 

車の下取りと車の買取いったいどちらで車を売却した方がお得なのでしょうか?

 

車を売却するのであればできるだけ高額な金額で売却したいですよね。

 

一般的には下取りよりも買取してもらった方が、高い値段で売れることが多いと言われています。

 

下取りよりも買取市場の方が価格の流れは大きく、買取市場の状況がすぐに反映されるでしょう。

 

できるだけ高く車を売りたいのであれば、複数の買取業者から査定をしてもらう必要があります。

 

一番高い値段で買い取ってもらえる会社をできるだけ早く見つけたいですね。

 

中古車買取一括査定サイトを利用すれば1回えの申し込みで複数の買取業者から見積もり査定を依頼できますよ。

 

また査定を請求した場合、電話だけでなく、メールでの対応もしてくれるので安心ですよ。